介護の資格

介護の分野には、様々な資格があります。

介護の仕事で以前存在していた「ホームヘルパー2級」の資格は、2013年度(平成25年度)4月から、「介護職員初任者研修」という資格に移行がなされました。
介護職員初任者研修とは、既存の介護分野の資格形態から、さらにわかりやすく段階を踏み介護分野で働く人がもっと上を目指すために作られた制度です。

介護職員初任者研修とは、介護職の中でも入門といれる資格です。そのため、介護の仕事を行っていくうえで必要な、基本となるノウハウを学ぶことができます。
また、高齢者や障害を抱えた方に、日常的なサポートを行うために必要な知識を学ぶことができます。
これから介護、福祉業界にて仕事をしていく上で、介護職員初任者はその基礎となる仕事です。最初に学ぶべき資格です。

実際の介護の現場では、数多くの介護に関する知識と技術が求められます。それらを学ぶためのスタートラインとして、介護職員初任者研修の資格を取得した方がいいでしょう。
介護職員初任者研修の資格を取得するためには、通信講座や学校に通うという手段があります。

実務者研修とは、介護職員初任者研修の上にあたる資格です。
実務者研修には、卒業試験がありません。実務者研修は、通信講座で受講することができます。
実務者研修のスクリーニング期間と実務者研修のスクリーニング期間はほとんど変わりません。そのため、上位の資格である実務者研修の資格を取得した方がいいといわれております。
そして、実務者研修の資格を取得することで、サービス責任者として取り扱われます。

おすすめサイト

カテゴリー
  • カテゴリーなし